1969年創業の【特許機器株式会社】のHPを紐解き会社概要を見ますと

『防振、除振装置をはじめ免震装置、制振装置など広く振動環境対策に必要な装置、機材を供給するとともに振動制御のノウハウを生かした計測、試験、コンサルトなども行っている』

とある様に、建築建設測定機その他色々な幅広い産業で必要とされる、かなり高度な仕事をされている会社である事が窺い知れます。
そのお堅そうな、本来我々の世界とはあまり関係なさそうな企業様を何故紹介するかと申しますと、コチラの会社が自らの技術を何か民生機、一般的な人目に触れる製品として役に立てられないかと模索し目を付けたのがオーディオだった訳ですね。彼らの有す技術や理論を元に作られたのが免振技術の応用で開発された『WindBell』シリーズです(リンクはコチラ)

 

 

リンクにはWB-30と言う製品が紹介されていたかと思いますが、今回の紹介はWB-60/4個セット定価100,000円税込と言う製品で、基本的な内容や構造はWB-30と同じで受付対応容量がほぼ倍の30~80kg(4個総計で)となっていました。即ちJBL 4343等に代表される様な大型スピーカーであったり、大型重量級アンプなどを想定した製品ですね。効果や技術は私の拙い表現は控えてリンクに譲るとして何故過去形で語るかと言いますと、メーカーの事情もありましょうが、製品は良くとも必ずしも企業的には儲かった訳ではないと言う事で、比較的安定して売れ続けるWB-30及び最近追加された軽量タイプの新製品と入れ替わる様に重量級を用途としたコチラの製品であるWB-60は一足先に売り切りとなったのです。
でも発売当初以来、先に触れた大型スピーカーをお使いの方々からは大変評判良かったのですよ、それでも終了になると言う事は、それだけ大型スピーカーをお使いの方が現代のオーディオ事情では少なくなったと言う事でしょうかね・・・
さて、販売は一足先に終わりましたが、無くなれば今度はどうしてもそれを必要になる方が困ります。私も何度か問い合わせを頂いては『もうないんですよぉ・・・』なんて残念ながらとお応えしていたのですが、今回運良く数度の展示等でデモ使用された元箱も揃った製品が入手叶いました、4個入りセットが2組御座います。しかも価格は販売時定価の丁度半分及び消費税、即ち54,000円であり後少し経てば55,000円ですね。
スピーカーに使いたい方なら元の一セットの価格で一組分揃えられるので、これはチャンスだと思うのですが如何でしょうか。機材をコチラに乗せた時に得られる抜群のSN比と解放感を知る側としては、是非この機会を見逃さず必要とする方に使って頂きたいと願います、お早めにどうぞ・・・

 

販売、在庫の確認はコチラまで→0466-20-5223